医者
  1. ホーム
  2. 注射をバレにくくするには

注射をバレにくくするには

カウンセリング

皆に知られずキレイになる

できれば整形したことは知られたくない、プチ整形でこっそりとキレイになりたいと考える人は多くいます。確かにメスをいれる整形手術は大きな変化をもたらしますが、その分周囲に整形したということを知られることや、気付かれる可能性が大きくなるとも考えられるでしょう。そのため、メスを使わないプチ整形は近年特に人気を集めており、注射だけで肌のハリを取り戻したり、下がった目尻を上げられたりといった効果をもつボトックス注射は多くの人が利用している施術方法です。手軽に利用できるボトックスですが、筋肉を硬化させることによってその効果が発揮されるという仕組みになっています。そのため、同じような年齡の人が同じ場所にボトックス注射をしても、筋肉や皮膚の状態が異なるため、同じような効果ができるとは限りません。できるだけ副作用が出ないほうが良い、副作用を抑えたいと考えるのであれば、ボトックスについて深い知識と多くの経験を積んでいる医師のもとで施術を受けることをオススメします。ボトックスの副作用としてまず挙げられるのは頭痛です、注射によって筋肉の動きや作用が変わるため、これまで使用していなかった表情筋を使うことによる疲労が原因だともいわれます。とはいえ、表情筋を使用する回数が増えるほど、筋肉の使いかたにも慣れ、筋肉への負荷も経るため、頭痛も軽減されることがほとんどです。頭痛以外の副作用としては、眉毛と目の位置が下がる・上がるといった効果が挙げられます。眉間やおでこのしわをとるためにボトックス注射をした場合に発生する可能性があり「シワはとれたが、顔の雰囲気が随分変わってしまった」と感じる場合もあるのです。しかしこれに関してはボトックスの副作用というよりも注射した場所による影響が多いといえます。美容クリニックでは珍しくないボトックス注射ですが、施術経験が豊富な医師や、技能に優れた医師であれば「眉の位置を下げずにおでこのしわをとる注射方法」に精通していることや「目に影響を及ぼすと考えられる注射量」の判断を明確にすることができます。高い技術をもつ医師のみが取得できるボトックス注入指導医という資格もあり、絶対に失敗したくないと考えるのであれば、こうした技術や資格に裏打ちされた医者を探したほうが良いでしょう。そして、医師の技量と同様に重要な点として、品質の高い製品を使用しているかどうかという点も挙げられます。相場よりも安い値段で利用できるボトックス注射もありますが、品質が保証されていない外国製品を使用していることや、安全性が確認されていないものを利用している場合もあるのです。安心できる医師と品質の高い薬剤を使用しているクリニックで、カウンセリングを経て理想の顔を目指すこと、これが副作用を抑えるために最も効果的な方法と言えるでしょう。