医者
  1. ホーム
  2. 正式な方法を採用してます

正式な方法を採用してます

顔を触る人

安全性を決める要因とは

体内に特殊な薬品を入れる事で、体内環境や体の部位を変える施術の副作用には防止策がいくつも存在しています。なのでボトックス注射を受ける際には、防止策を熟知している医師の元で施術を受けるべきです。副作用の防止策の一環として行われているのが、ボトックス注射を目的の患部以外にも注射する方法です。例えば眉間か眉尻一か所に対してボトックス注射をした場合、筋弛緩作用で眉が吊り上がったまま固定される可能性があります。そこで眉間と眉尻両方に注射すると表情を修正を意図的に行えるので、医師と打ち合わせしボトックス注射を数回に分けての使用を検討しましょう。しかしこれらに注意したとしてもボトックス注射後に眼瞼下垂の副作用の可能性が残ってしまいます。そこでボトックス注射を受ける前に、患部周辺を含めた体に他の疾患がないかをよく調べてもらえる医師に相談してください。特に筋力に関係した疾患はボトックス注射ができる体の状態ではないので、医師の正確な診断が必要になってきます。また薬に対するアレルギーがないかどうかも重要で、自覚症状のないアレルギーが副作用に大きな影響を及ぼす事もあるので、検査してもらいましょう。この他にもボトックス注射の副作用には妊娠中の胎児や、子供を作ろうとしている男性にも影響があります。そのため妊娠に関連した可能性がある方は医師に確認してもらい、胎児に影響がでないように配慮するべきです。以上の副作用は全て効果のある前提の物ですが、注射をしたのに副作用のみが現れてしまったという事例も報告されています。これは使用するボツリヌストキシンの質が低い事が原因で発生する問題なので、高品質のボツリヌストキシンを扱っている医師の元で施術を受けてください。お勧めは厚生労働省認可のクリニックで、経験豊富な医師も数多く存在するため副作用の確率を極限まで低くできます。こういったクリニックではあえて副作用発生後の現象を写真で公開し、リスクを考慮した上での最終確認を念入りに行ってもらえるので、信頼度が高い点が特徴的です。最終的な判断は医師の決定になりますが、一番重要なのは必要最低限の回数のボトックス注射を推奨してもらえる事です。副作用の中には呼吸困難や全身の筋肉痛といった、一時的とは言え生活に支障を来す症状も含まれているため、それらの事前説明が詳しい医師の施術を受けましょう。また修正のための再治療の費用を低料金で行うサポートを受けられるクリニックもあるので、受診場所の選択基準として設けておきましょう。